A08

アーキテクチャ・ソフトウェア/うごかすちから

Architecture, Software

自動的にバグの場所を見つける

Automatically Finding Bug Locations

不具合局所化のためのプログラムスペクトルの可視化ならびに分析

Program Spectra Visualization and Analysis for Fault Localization

代表者名

ERATO蓮尾メタ数理システムデザインプロジェクト

ERATO Hasuo Metamathematics Systems Design Project

共同発表者名

ジャン シャォーイ、アルカイーニ パオロ、石川冬樹

Xiao-Yi ZHANG, Paolo Arcaini, Fuyuki Ishikawa

所属分野

アーキテクチャ科学研究系

Information Systems Architecture Science Research Division

pdf-image

要旨

スペクトルに基づく不具合局所化(Spectrum-Based Fault Localization, SBFL) は、テストから得られた情報に基づいて,プログラム文の発生したバグの原因箇所を推定する方法である。しかし、現実のプログラムならびにバグの多様性のため、現在のSBFL技術ではすべての状況に適応できない。SBFLがどのように機能するかを知らずして,確信をもって実応用において実際に利用することはできない。本研究では,様々なデバッグインスタンスのスペクトル分布と,それらについてSBFLの性能をグラフィカルな方法で示すフレームワークを提案する。可視化に基づいて,様々な事例におけるスペクトルの分布、ならびにこれらの事例に対してSBFL手法の合理性を分析する。これにより、SBFLの適用性に関わるガイダンスを得ることができる。特に、このフレームワークを用いて、自動車モデルの事故スペクトルを可視化し、SBFLを自動運転システムに適応させる可能性を分析する。

Spectrum-Based Fault Localization (SBFL) is a well-known approach to identify the faults of the subjective program based on the information derived from testing. However, because of the diversity of real-life programs and faults, current SBFL techniques cannot adapt all the debugging situations. Without knowing how SBFL works, we cannot get sufficient confidence to use it in practice. In our work, we propose a framework that can illustrate the spectra distributions of various debugging instances and the performance of SBFL at these instances in a graphical way. Based on visualization, we analyze the spectra distribution of various instances and the rationale of applying SBFL techniques on these instances. In this way, we can get more guidance about the practical application of SBFL. Particularly, we use our framework to visualize the accident spectra of an automotive vehicle model and analyze the possibility of adapting SBFL to automotive driving systems.

関連動画