D07

映像・音・メディア/みる・きく・はなす・さがす

Visual, audio, media

自分の興味を探し出す

Find my own interest

記憶に残る鑑賞体験のためのガイドアプリ:みんぱくガイド@国立民族学博物館

Museum Guide Application for a Memorable Experience: Minpaku Guide

代表者名

神門典子

Noriko KANDO

共同発表者名

相原健郎、大島裕明、山本岳洋、莊司慶行、山本祐輔

Kenro AIHARA, Hiroaki OHSHIMA, Takehiro YAMAMOTO, Yoshiyuki SHOJI, Yusuke YAMAMOTO

所属分野

情報社会相関研究系

Information and Society Research Division

pdf-image

要旨

本デモでは、美術館や博物館などのミュージアムでの鑑賞体験をより記憶に残るものにするためのガイドアプリを紹介します。このガイドアプリで対象としているのは国立民族学博物館(みんぱく)です。みんぱくは世界有数の規模の民族学博物館であり、非常に多数の標本を重層的に展示する「構造的展示」を行っています。本ガイドアプリでは、そのうち計3,053点のメタデータ、画像、展示位置、解説、ショートビデオを収録したデータベースを用いており、みんぱくでの鑑賞体験をより記憶に残るものにするための事前学習や事後学習を行うことができます。鑑賞者自身の興味や関心に基づいて、個々の鑑賞者にパーソナライズした提示型検索モデルに基づくインタラクティブなガイドアプリを見てみて下さい。

In this demo, we introduce a guide application to make user’s experience at museums more memorable. The proposed guide application targets the National Museum of Ethnology (Minpaku). Minpaku is one of the largest museums of ethnology in the world and offers “”structural exhibitions”” in which a large number of artifacts are displayed in multiple layers. The guide application contains metadata, images, positions, explanations, and short videos of a total of 3,053 artifacts. Users can use it for the pre-learning and the post-learning to make the experience in Minpaku more memorable. Please enjoy the intaractive guide application based on the ostensive model personalized to individual users.

関連動画

コメント

  1. さんほん より:

    このアプリは他の博物館でも使えるのでしょうか?

    1. 山本岳洋 [共同研究者] より:

      ご質問ありがとうございます.現在は国立民族学博物館における展示を対象としたシステムになっております.一方,システムの考え方そのものは国立民族学博物館における展示に限らず,さまざまな博物館・美術館での展示に適用できると考えております.