F05

社会と情報/サイバー世界とフィジカル世界の融合

Society and information

ビッグデータと国際関係

Big Data and International Relations

ネットワーク投票力指数:株式保有ネットワークにおける間接的支配の測定

Network Shapley-Shubik Power Index: Measuring Indirect Influence in Shareholding Networks

代表者名

土井翔平

Shohei DOi

共同発表者名

水野貴之、栗崎周平

Takayuki Mizuno, Shuhei Kurizaki

所属分野

情報社会相関研究系

Information and Society Research Division

pdf-image

要旨

国境を超えて株式が保有される時代において、大企業や政府はどれほど他国の経済を支配しているのか? 本研究では、間接的支配を測定するネットワーク投票力指数を提案し、全世界の企業からなる株式保有ネットワークに応用する。その結果、単体の株主としては中国政府が世界最大であることをあきらかにした。

In an era of cross-border stock ownership, how much control do large companies and governments have over the economies of other countries? We propose a network power index to measure indirect influence owned by shareholders and apply it to an equity ownership network consisting of firms from all over the world. As a result, this study reveals that the Chinese government is the largest shareholder in the world as a sole shareholder.

関連動画